教えて!そのニキビ、どうやって直したの?

できるだけすっぴんで毛穴に呼吸をさせるべし!

ニキビができていると、ついつい気になってメイクも厚塗りしてしまう人が多いのではないでしょうか。
できている部分は下地やコンシーラーで念入りにカバーして、さらにファンデーションも重ねづけするなど、必死でメイクでカバーしようとするのです。
けれどもメイクをすればするほど、毛穴は塞がれて呼吸ができなくなります。また炎症が起きている部分に化粧品の化学物質などが付いてしまい、余計に炎症が悪化することもあるのです。
ニキビができているときは、できるだけすっぴんで過ごしましょう。もしくは、炎症がある部分にはメイクをしないことが望ましいです。
洗顔はしっかり丁寧に行い、洗顔後の保湿も十分に行い、その後素肌でいることでお肌は清潔に保たれます。
早く治したいのであれば、メイクはせずに我慢しましょう。

ニキビができにくい食生活を心がけよう!

ニキビができてしまって気になっているのに、スナック菓子やインスタント食品、ラーメンや揚げ物などをパクパク食べていたのでは、そのニキビは治りません。
ニキビはひどくなる前に治すことで跡が残りにくくなりますし、できるだけ早くすっきりするためにも、食生活に気を付けたいものです。
脂っこい物は極力控え、腸内環境を良くする食物繊維をしっかり摂取しましょう。おなかがすっきりすることで、肌の炎症も改善されます。
また皮膚の粘膜を丈夫に形成するビタミンAも積極的に食べたいですね。かぼちゃや人参がおすすめです。
夜更かしして夜食を食べるのも、ニキビの治りを遅くする行為なので控えましょう。寝ている間にお肌は綺麗に生まれ変わります。睡眠もしっかり取って、早寝早起きを心がけたいものですね。