ニキビ跡を残したくない。どんな直し方が理想的?

「またやっちゃた…」その後悔ちょっと待った!

ニキビの直し方は数多く存在しますが、一番良いのは、自己回復能力を利用することです。本来人間の体は怪我をしたら自分で回復する機能が備わっています。にきびも肌トラブルによって起こる炎症なので、下手に刺激せずに安静にしておけば徐々に治っていきます。しかし気になるからと潰したりすれば傷は広がり雑菌も入るので、余計に酷くなります。ニキビが出来ても触らず放置して体の自己回復に任す、それがニキビ跡を残さない理想的な治し方です。また、薬に頼ってしまうと自分で治そうとする力がどんどん弱くなってしまいます。スキンケアはあくまで、肌を綺麗に保ったり、ニキビになりにくくするために使うことをおすすめします。
しかし、一度クレーターのようになってしまうと個人でのケアは難しくなります。そんな時はエステサロンを利用するのもありです。最近ではあえてクレーター部分の皮膚を削り、自己回復で綺麗な肌を新たに形成しようとする治療法もあります。それだけ自己回復能力は大事なんです。

治し方は十人十色!まずは原因を知って!

しかし、人によってはニキビを触らずに放置していたのに中々治らず、それどころか皮膚の奥にしこりのように残ってしまった、という人もいます。全員が全員、潰さなければ綺麗に治るわけではありません。そんな時は、自分の肌にニキビが出来るのはなぜなのかを知る必要があります。食生活が悪いのか、生活習慣に問題があるのか、肌を不衛生にしているからなのか。ニキビが出来るのにも必ず理由があります。
「スキンケア売上ナンバー1」と謳った商品を使っても、肌のケア不足が原因でなければ効き目は薄いですし、数多くあるエステサロンでたまたま腕のいい人がいて良くなっても、普段の生活が原因の場合またニキビが出来ることもあります。自分のニキビのタイプを知り、正しい対処をしていくことが、ニキビ跡の残らない顔を目指せる近道です。